地域の話題

アジサイ1000株しっとりと 松本の弘長寺で見頃

弘長寺の境内でしっとり咲くアジサイ

 松本市寿小赤の弘長寺(山田真弘住職)の境内でアジサイが見頃を迎えている。約40年前に檀家の人たちの手によって植えられたという約80種・1000株が園路を青色や紫色に染め、訪れた人の心を癒やしている。

 寺によると、今年は冬の寒さや春の霜の影響で花に見える萼はやや小さめ。早咲きのヤマアジサイに始まり、ほぼ平年並みの6月下旬に色づき始めた。
 しっとりと色づくアジサイは曇りや雨の中によく映えるが、前日に梅雨明けした28日は強い日差しを避けて木陰の園路を散策して楽しむ人たちが目立った。安曇野市穂高から親子3人で訪れた金子朋さん(34)は「涼しげで風情がある」と笑顔で話していた。7月上旬まで楽しめそうだ。

連載・特集

もっと見る