連載・特集

2022.6.30 みすず野

 オンヤーサー、モンヤーサーの掛け声を島立にある本社で聞くと「ああ夏だ。7月だ」と思ったものだ。子供たちの練り歩きは今年も行われない。はだかまつりのいわれを28日付の広告特集に教わった◆疫病を追い払う行事なのに...3年続きの中止で伝統を継承できるか。町会長のあいさつ文からは、もどかしさと心配が伝わる。来年こそ!と祈りたい。お祭りの日にキュウリを食べない家が現在も―と読み、望郷の念が湧く。博多でも祇園山笠の2週間は「切り口が神社の紋に似ている」と言って食べなかった◆きょう各地で「夏越の大祓」が営まれる。折口信夫博士の説によると、元々は12月にも水に入って身を清めていたものが平安朝以後、冷たい思いをしなくて済むよう夏が専らになった。水辺で行うのが正式だったが、やがて茅の輪をくぐれば水に漬からなくても、葉っぱの威力で罪けがれをはらえると考えた◆6月の紙面に「逃げ水」や「かげろう」の文字を見ようとは。猛暑が続く。適度な冷房と水分補給を心掛け、災害の無い夏にと祈る。青ジソがのったキュウリをポリポリかじり、いろいろと願い事が多い一年の折り返し。

連載・特集

もっと見る