教育・子育て

お父さんが協力 学校プール清掃 安曇野の明南小・明科中

 安曇野市の明南小学校・明科中学校の合同プールで22日、清掃が行われた。児童の父親でつくる「おやじの会」メンバーと教職員ら約40人が参加し、子供たちが気持ちよく泳げるようにと汗を流した。

 水あかなどで赤茶色に汚れたプールの底をデッキブラシで磨き上げ、溝にこびり付いた汚れは高圧洗浄機を使ってきれいにした。更衣室のすのこなども拭いて、6月20日ころに予定しているプール開きに備えた。
 通常は明南小PTAの全体作業の一環でプール清掃をしているが、昨年に続き今年も新型コロナウイルス感染防止のため中止となり、おやじの会が手伝いを申し出た。同会メンバーでPTA会長の丸山貴弘さん(48)は「プール清掃だけは雨が降ってもやりが降ってもやろうと決めていた。子供たちに笑顔で思いっきりプールを楽しんでもらいたい」と話し、明南小の竹内幸浩校長は「お父さんたちが積極的に参加してくれるのが何よりありがたい」と感謝していた。

連載・特集

もっと見る