スポーツ

大相撲夏場所 御嶽海踏ん張り6勝目

正代(右)を寄り切りで破った御嶽海(読売)

 大相撲夏場所(東京・両国国技館)13日目の20日、東大関・御嶽海(出羽海部屋)は西大関・正代(時津風部屋)に寄り切りで勝った。6勝7敗とし、後がない状況で踏みとどまった。14日目の21日は西大関・貴景勝(常盤山部屋)と対戦する。

 御嶽海は頭から低く当たり、右下手を取ってじわりと前に。正代に上手こそ許したものの攻め手を休めずに寄り切った。
 貴景勝も御嶽海と並んで6勝7敗。過去6場所の戦績は御嶽海の3勝と分が良く、先場所は上手出し投げで勝っている。

連載・特集

もっと見る