地域の話題

蝋燭アトリエ 北穂高に 横浜から移住の佐藤さん 自宅に開設 教室も

アトリエ「蝋燭屋Ajito」をオープンした佐藤さん

 安曇野市穂高北穂高のキャンドル作家・佐藤敬子さん(52)がこのほど、自宅にアトリエ「蝋燭屋Ajito」をオープンした。昔ながらの民家に作品やドライフラワーをふんだんに飾った隠れ家のような空間で、さまざまなキャンドル作りが体験できる。佐藤さんは「キャンドルの楽しさをお伝えできれば」と笑顔を見せる。

 佐藤さんは日本キャンドル協会認定のアーティストとインストラクターの資格を持ち、作家「ute(ユト) candle」として活動している。環境の良さやアーティスト活動のしやすさ、身近に長野県に移住した友人がいたことなどから、3月に横浜市から安曇野市に移住。北穂高に一軒家を借り、2階をアトリエとした。
 レッスン内容は季節に合わせて毎月変える予定で、5月は四角いキューブキャンドルや、火をともさずに香りを楽しむスイーツのような見た目のサシェなどを作る。6月からは蝋とドライフラワーを組み合わせて絵を描く佐藤さん独自の表現「蝋アート」のワークショップも始める。
 佐藤さんは「火をつけるタイミングが分からないという人も多い。湿度や気温、時間経過によってキャンドルの表情が全く違うので、楽しみ方も伝えたい」と意気込んでいる。
 アトリエは木曜定休。レッスンは1回3800円からで、午前10時からと午後2時からの部があり、写真共有アプリ・インスタグラムのアカウント「ute candle」で予約を受け付けている。問い合わせは同アカウントまで。

連載・特集

もっと見る