政治・経済

筑北村 指定ごみ袋値上げへ

 プラスチック系の原材料価格高騰を受け、筑北村の指定ごみ袋が来年4月に値上げされる見通しになった。村によると、製造販売業者は7月1日から値上げを実施する予定だが、急な値上げによる家計への負担を考慮し、7月から来年3月末までの間は、村が値上げ分を負担する。価格の改定は令和5年4月1日を予定する。

 改定後の価格(1セット10枚入り)は、可燃ごみ袋(大)が17円上がり452円に、資源ごみ袋が33円上がり296円に、不燃ごみ袋が28円上がり291円となる。村住民福祉課は「新型コロナウイルス禍で家計への負担が増えることも踏まえ、当面は今の価格で購入できるようにしたい」としている。村負担分の財源には、コロナ禍での物価・原油高高騰に対応するための国の臨時交付金の活用を検討している。指定ごみ袋の製造販売業者が同じ隣の麻績村でもごみ袋が同様に値上げになる予定で、村が当面の間、値上げ分を負担する措置を取る計画という。