スポーツ

J3の4月MVPに松本山雅の横山選出、名波監督も優秀監督賞に

月間MVPに選ばれた横山選手

 サッカーJリーグは17日、全カテゴリーの4月度の月間表彰を発表した。J3は松本山雅FCの横山歩夢選手(19)がMVPに、名波浩監督(49)が優秀監督賞に選ばれた。いずれも初受賞。
 横山選手は全4試合に出場して計331分間プレー。リーグ最多となる4得点をマークした。チームの勝利に貢献した活躍に加え、鋭く速いドリブルや思い切りの良いシュートなどが評価された。受賞に当たり「さらに成長して、チームが苦しいときに助けられる選手になりたい。この先の全ての試合で勝てるように全力を尽くす」とコメントした。
 チームは3勝1分けでJ3最多の勝ち点を得た。名波監督は、戦況に応じた柔軟な選手起用やシステム変更といった采配、若手の力を引き出した手腕が評価された。「大変光栄。結果を残してくれた選手と支えるスタッフ、応援してくださるファン・サポーターの皆さまと共にいただいた賞だと思っている」としている。

連載・特集

もっと見る