スポーツ

市民タイムス旗少年野球 山形キヨミズが6度目優勝

5年ぶり6度目の優勝を果たした山形キヨミズ

 第29回市民タイムス旗争奪中信地区少年軟式野球大会は最終日の14日、松本市野球場で上位3チームによる決勝リーグ戦を行い、山形キヨミズ(山形村)が5年ぶり6度目の優勝を飾った。最優秀選手には山形の本庄遥馬君(11)が選ばれた。

 24チームによるトーナメント戦を勝ち進んだ山形と、寿ヤングバード(松本市)、菅野ツインズ(同)がリーグ戦を行った。第1試合は山形が菅野に9―2で勝ち、第2試合は寿が菅野に3―2で勝利した。事実上の決勝戦となった山形と寿の第3試合は、先攻の山形が1回に1点を先制、2回にも適時打や守備の乱れを突いた走塁で3点を加えた。寿は無得点のまま迎えた最終盤の6回に2本の適時打で2点を取って追い上げたが、及ばなかった。
 大会は市民タイムス主催、松本市少年軟式野球連盟主管、松本市教育委員会・読売巨人軍後援、キッセイ薬品工業特別協賛、ダイワマルエス協賛で行われた。