スポーツ

御嶽海白星で連敗止める 大相撲夏場所4日目

霧馬山(右)を小手投げで破った御嶽海(読売)

 大相撲夏場所(東京・両国国技館)4日目の11日、東大関・御嶽海(出羽海部屋)は東前頭2枚目・霧馬山(陸奥部屋)を小手投げで下し、連敗を2で止めた。5日目の12日は西前頭3枚目・玉鷲(片男波部屋)と戦う。
 御嶽海が苦しい体勢をしのいで白星をつかんだ。霧馬山に両まわしを許したものの、相手が引きつけて出るところを右に回り込みながら投げた。星を2勝2敗の五分とした。
 玉鷲は4日目に土が付き3勝1敗。過去6場所では4度顔を合わせ、戦績は御嶽海がすべて勝っている。

連載・特集

もっと見る