地域の話題

坂井・修那羅山安宮神社で「高徳忠度桜」咲く

 筑北村坂井の修那羅山安宮神社で、珍しい「高徳忠度桜」が咲いている。花と同時に葉が出てくる特徴があり、八重咲きの花が参拝客らの目を和ませている。

 境内には、戦後間もない頃、神社の名物になることを願って地域の人が植樹したウコンザクラなど珍しい品種の桜がいくつかある。高徳忠度桜は2本あり、社務所の正面の1本は今月上旬にほぼ満開となった。八重咲きの白い花の中央には、小さな緑の葉が見える。
 宮坂宗則宮司によると、社務所前の木は成長したものの枯れてしまった幹があり、樹齢を重ねても花の数は多くないという。宮坂宮司は「全国的にも希少な桜なので、これからも咲き続けてほしい」と願っている。