地域の話題

立夏の安曇野 北ア輝く水鏡

北アルプスの山々がくっきりと映った水田(5日午前7時50分、安曇野市堀金烏川)

 立夏の5日は高気圧に広く覆われ、最高気温は松本市沢村で28.7度、安曇野市穂高で28.9度まで上昇して夏日となった。朝は雲一つない青空で、安曇野市内の田が水鏡になり、北アルプスの山々がくっきりと映っていた。
 安曇野市堀金烏川の拾ケ堰近くの田園地帯では午前8時ころ、水の張られた田んぼに青空と新緑、残雪の常念岳から有明山までが映り込んでいた。
 この時季は気温の上昇とともに風が強くなり、水鏡になるのは朝早くだけということが多いが、この日は午前8時すぎまでそよぐ程度で、至る所で美しい景色を楽しむことができた。

連載・特集

もっと見る