連載・特集

2022.5.28みすず野

 「8時だよ?昔は集合今閉店」昨日発表された第35回第一生命サラリーマン川柳コンクールの1位作品だ。ベスト10のうち半分がマスクを題材にしていて、コロナ禍での暮らしを詠んだ作品が多かったという◆もう二昔以上前だが、1度だけ応募したことがある。同社の小社担当者に「応募しませんか」といわれ、その場で思いつくままに1句作り手渡した。松本支社の審査を通過したと聞いたが、それきり忘れていた。しばらくして賞品が届いたがそれがどのような賞なのかも聞かないままだった◆当時は「平成サラリーマン川柳」の名称で、選者によるベスト10などを掲載した『傑作選』(講談社)が毎回発行されていた。書店の店頭で手に取り、中を見て驚いた。自作句が掲載されていたのだ。もちろん、すぐ買い求めた◆何かの賞に該当したわけではなく、1ページに5句ずつ並ぶうちの1句だった。作者の名前は応募者が考えた雅号で発表される。「これは自分の作品である」とどんなに言っても証明できない。残念だが、川柳の内容が職場や家庭に関係していると、不都合も生じる。作品を楽しむためには、やはり匿名がふさわしい。

連載・特集

もっと見る