地域の話題

不要の子供服交換しよう 5月1日に塩尻でおさがり会

会場で配布予定の子供用品

 塩尻市の吉田東公民館で5月1日午前10時から、要らなくなった子供服の交換会「吉田おさがり会」が初開催される。廃棄前のパンを無償で配布するイベントを開いている農業・中村小太郎さん(61)=広丘吉田=が、廃棄物ロスの取り組みをさらに広げようと企画した。

 来場者は不要な子供服、おもちゃなどを持ち寄り、ほかの来場者から寄せられた品と交換する。寄付するだけ、品物をもらうだけという参加も可能だ。こども食堂を開いているNPOホットライン信州(松本市)からも、大量の子供服やぬいぐるみなどを譲り受けており、会場で配布する予定だ。
 中村さんは毎週日曜日午前11時、吉田東公民館と中島書店高原通り店で、店舗で売れ残って廃棄予定のパンを無償配布する取り組み「きのうのパン屋さん」を行っている。パン以外にも同様の取り組みを広げたいと市社会福祉協議会に相談したところ、ホットライン信州から子供服の提供を受けられることになり、今回の企画が実現した。
 中村さんは「日本人は根源的に『もったいない』という気持ちを持っている。それを受け止める場にしたい」と話している。
 問い合わせは中村さん(電話080・6649・9922)へ。

連載・特集

もっと見る