地域の話題

外遊びに遊具使って! 国営公園堀金・穂高地区が無料貸し出し

ガイドセンターに置かれた屋外で使える遊具

 安曇野市の国営アルプスあづみの公園堀金・穂高地区が、屋外で使う遊具を貸し出している。新型コロナウイルス禍の中、屋外で距離を保って遊んでほしいと一昨年の夏に始めた。これまでは休日のみの貸し出しだったが、まん延防止等重点措置の適用を受けて屋内施設の利用を休止していることから、今冬は平日も貸し出している。

 バドミントンのラケットとシャトル、柔らかいボール、縄跳び、体に当たっても痛くないフライングディスクなど6種類の遊具がある。ガイドセンターに置いてあり、入園料を支払えば無料で使うことができる。貸し出し場所に置かれた箱に返却すれば、スタッフが遊具を消毒して戻す。
 面ファスナーの付いた板を手にはめてキャッチボールする「ボールキャッチ」は園児などの小さい子供に人気で、バドミントンやフライングディスクは小学生以上がよく借りている。フライングディスクは柔らかい素材でできているためドッジボールのような遊び方もできる。
 公園の担当者は「自由度の高い遊具をそろえたので、子供の感性で遊べると思う。外で存分に体を動かしてほしい」と話している。

連載・特集

もっと見る