地域の話題

技能五輪全国大会 西洋料理でブエナビスタの太田さん敢闘賞

賞状とメダルを手に、意欲を新たにする太田さん

 ホテルブエナビスタ最上階のフランス料理ソルプレーサ(松本市本庄1)で調理全般を担う太田知志さん(21)が、東京都で先月開かれた第59回技能五輪全国大会の「西洋料理職種」で敢闘賞を得た。令和2年春に入社して以来の新型コロナウイルス禍で得た研さんの機会を意欲に替えた。

 全国から28人が同競技に臨んだ。前菜やメインディッシュ、デザートを調理し、盛り付けや味付け、衛生状態、所作などの審査を受け、金・銀・銅・敢闘各賞に13人が入賞した。平成22(2010)年度より毎年社員が技能五輪に出場している同ホテルで、西洋料理職種の入賞は太田さんが初めて。
 長野市に生まれ育ち、母親の台所仕事の手伝いで料理好きが芽生えた。都内の調理師専門学校で西洋料理を志し、フランス料理に力を入れるホテルブエナビスタを第1志望に地元就職をかなえた。太田さんは「今このもどかしい状況でも、課題に見えた臨機応変な対応力を磨きたい」と情熱を持ち、国内外観光客の往来に活気づく厨房を心待ちにしている。