地域の話題

凍てつく冬の造形美 乗鞍高原の善五郎の滝

巨大な氷の壁と化した善五郎の滝

 20日は、一年で最も寒い時季とされる二十四節気の「大寒」。前日の19日、松本市沢村の最低気温は氷点下9・0度と厳しい寒さとなった。

 市内の山間部では川や滝が凍り付き、自然の造形美を見せている。安曇乗鞍高原の善五郎の滝(標高1525メートル)では、滝全体が凍って巨大な氷の壁となり、訪れた人を魅了している。落差約21・5メートル、幅約8メートルの滝の大部分を淡い青みを帯びた氷が覆い、自然の繊細さと力強さを感じさせていた。
 長野地方気象台によると20日の県内は冬型の気圧配置が強まり、中部と南部は曇り時々晴れで、雪の所がある見込みだ。松本の朝の最低気温は氷点下7度、最高気温は1度と予想されている。

連載・特集

もっと見る