政治・経済

信州プレミアム食事券 利用期間7月末まで延長 追加発行も

 県は17日、現在発行している「信州プレミアム食事券」の利用期間を7月31日まで延長し、3月上旬をめどに第2期分を追加発行すると発表した。現在発行している30万セットの9割の販売が終了し、利用者と飲食店に好評だったことから追加発行を決めた。追加発行分は、持ち帰りや配達専門の飲食店(店舗型、移動販売、露店など)でも利用できるようになる。

 新型コロナウイルス感染拡大による「医療警報」の発出に伴い、食事券の販売は19日に停止されるが、各地域の感染状況に応じた感染防止策を実施した上で利用は可能。当初の利用期間は2月10日までとしていたが約5カ月利用期間を延ばした。
 食事券の追加発行は25万~28万セットを予定し、1セット1万円に2000円分のプレミアムが付く。販売期間は3月上旬から6月末までを予定し、県内の郵便局(簡易郵便局を除く)やJTBの一部店舗で販売する。利用期間は7月31日まで。
 県産業政策課は「追加発行することで飲食店を引き続き支援していきたい」としている。問い合わせは信州プレミアム食事券キャンペーン事務局の飲食店向け(電話026・219・6265)、利用者向け(電話026・219・6266)へ。

連載・特集

もっと見る