地域の話題

松本の街 一面の雪景色

白く雪化粧した農地や住宅地(12日午前8時すぎ、松本市里山辺から本社ドローンで撮影)

 松本地域では11日夜に雪が降り、松本市里山辺からは12日朝、真っ白に雪化粧した市街地が望めた。松本市沢村の朝の最低気温は氷点下2・1度で、通勤通学時間帯の街中では至る所で歩道が凍結し、道行く人たちが慎重に歩く姿が目立った。

 長野地方気象台によると、県内は13日から14日にかけて再び強い冬型の気圧配置となり、北部を中心に大雪となる可能性がある。13日午後6時までの24時間降雪量はいずれも多いところで、松本地域の聖高原周辺で5㌢、乗鞍上高地地域と木曽地域で10㌢と予想されている。
 13日の県中部の天気は曇りで、所により朝に雪が降る。松本の朝の最低気温は氷点下6度、日中の最高気温は3度と予想されている。