地域の話題

チューリップ1万2000本の庭 アルプスあづみの公園堀金・穂高で1月2日から催し

会場に並ぶアイスチューリップ

 安曇野市の国営アルプスあづみの公園堀金・穂高地区は1月2日、冬に花を楽しむ催し「アイスチューリップの庭」を園内施設・あづみの学校で始める。赤やピンク、紫、白など7色のチューリップ計1万2000本で施設内を彩る。1月23日まで。

 球根を冷凍して疑似的に越冬させ、開花時期を調整したアイスチューリップの鉢植えを並べている。鉢植えのほか噴水を数カ所に設け、シャボン玉が吹き出る演出も楽しめる。担当者は「シャボン玉などは今までにない新しい演出。映える写真を撮れると思う」と話している。
 午前9時半~午後9時(1月12日以降は4時)で、11日と17日は休園。観覧には入園料が必要。問い合わせは公園管理センター(電話0263・71・5511)へ。