地域の話題

安曇野市 納入業者応援給付金申請して! 28日の締め切り迫る

納入業者応援給付金の対象者などが載った市のホームページ

 安曇野市は、新型コロナウイルス感染拡大の第5波の影響で飲食店や宿泊事業者との取り引きが大きく落ち込んだ事業者(食材卸など)を対象とした「納入業者応援給付金」の申請を受け付けている。10月の受け付け開始以降に36件・550万円の申請があったものの、想定の半分にとどまっている。申請の締め切りが28日と迫っており、早めの相談と申請を促している。

 給付金は、8月か9月の売り上げが前年か前々年の同月と比べて20%以上減少し、その主な要因が飲食店や宿泊業者との直接取引による場合に対象となる。法人は20万円、個人事業者は10万円を受け取ることができる。
 市は市議会9月定例会で可決された本年度一般会計補正予算に、必要経費1221万円を計上した。同予算には売り上げが落ちた観光関連事業者に規模や事業形態によって10万円か20万円を給付する「観光関連事業者応援給付金」の事業費5670万円も盛り込まれている。観光関連事業者応援給付金も28日の締め切りだったが、申請期間を来年2月10日まで延長した。
 市商工労政課の小林俊夫課長は「年末で業務が忙しいか、そもそも見込みより対象事業者が少なかったのか」と推察しつつ「第5波は収まったがまだ人の流れは少なく、影響は終わっていない。該当の人は相談してほしい」と呼び掛けている。
 問い合わせは「納入業者―」が申請受け付けを委託している市商工会(電話0263・87・9750)、「観光関連事業者―」が委託先の市観光協会(電話0263・82・3133)へ。