地域の話題

新今村橋 25日午後3時に開通 松本・塩尻境

25日午後3時開通と決まった新しい今村橋

 松本・塩尻市境の奈良井川で県が建設を進めていた新しい今村橋が25日午後3時、通行可能になる。工事期間中の仮橋に設定し、車両総重量3・5トン以下としていた重量規制も解除する。平成26(2014)年の事業着手以来7年を費やした架け替え工事が完了した。

 16日に県松本建設事務所が発表した。新しい橋は幅17メートル、長さ136メートルで両側に歩道を備える。橋の両端に右折レーンが設けられる。総事業費は仮橋の設置・撤去を含めて17億円を見込む。
 お盆の大雨などで護岸が崩れた今村橋上下流の堤防道路の通行止めに変更はない。奈良井川右岸の小俣橋―今村橋間のみ、塩尻方面への一方通行で通れる。