地域の話題

「お隣り」静岡の魅力PR アイシティで物産フェア

静岡をPRする催しで、抽選会に参加して喜ぶ子供たち

 中部横断道で近くなった静岡をPRする催しが4日と5日、山形村の大型商業施設・アイシティ21で開催された。静岡市と公益財団法人するが企画観光局がブースを設け、来店客にパンフレットを配ったり海の幸や海のレジャーが当たる抽選会をしたりして、静岡の魅力をPRした。併設された「静岡物産フェア」は6日午後5時まで開催されている。

 会場には中部横断道の看板を模した大きな幕が掲げられ、雰囲気を盛り上げた。静岡市や同観光局の職員が、来店客に豊富な海産物や東海道の歴史・文化、美しい景色など静岡の魅力を説明していた。
 静岡市によると、8月29日に同市清水区の新清水ジャンクション(JCT)~山梨県甲斐市の双葉JCTが全通した。同区間が1時間30分短縮され、静岡~松本が2時間半ほどで結ばれた。
 安曇野市から買い物に訪れていた渡辺幸江さんと長男で三郷小学校4年生の涼太君(9)、種山理恵さんと長男の湧音君(10)はパンフレットを見て「静岡はあまり知らなかったけれど、花が美しい公園などがあるんですね。この機会に行ってみたい」と話していた。