地域の話題

画力光る年賀状 学生考案 MITと第一印刷コラボ

藤森さん(左)と増澤さんの作品

 専門学校未来ビジネスカレッジ(MIT、松本市渚2)のクリエイトデザイン学科と第一印刷(安曇野市豊科高家)の連携企画で制作する来年用の年賀状デザインが同社の見本帳に掲載されている。10年目の今年は20点が採用され、みずみずしいアイデアや画力の光る作品がそろっている。

 1、2年生42人が出品し、社員による2回の審査で選ばれた。えとの寅にちなんだ絵柄を中心に、縁起物や和風を意識した作品が目を引く。
 風格あるトラの絵が高く評価された2年生の藤森はる菜さん(21)は「今年の獲物(もくひょう)を食い尽くせ」と添え、「力強さを重視し格好良く描いた。多くの方に選んでもらえたら」と話していた。1年生の増澤愛美さん(19)は、まっすぐ伸びた道を先へと導くトラを俯瞰で描き、縁起物の紅梅や松の枝をあしらった。「幅広い年代の人に使ってもらえたらうれしい」と願っていた。
 注文は24日まで受け付けている。問い合わせは同社(電話0263・72・2016)へ。