地域の話題

コロナ禍で2度延期 塩尻で秋の成人式

晴れやかな笑顔で記念撮影に臨む新成人

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、延期となっていた塩尻市の令和3年成人式が27日、市レザンホールで行われた。振り袖やスーツ姿の新成人329人が出席して旧友との再会を喜び、成人としての決意を新たにした。

 感染防止のため、地区別に出席者を入れ替える2部制にして行った。小口利幸市長は式辞で「道のりは平たんではないかもしれないが、一日一日を積み重ね、理想を思い描き、夢に向かって歩みを進めてほしい」と述べた。
 今年の成人式は1月10日に予定されていたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で2度にわたって延期となった。
 第1部式典に出席した小澤美優さん(20)=大門三番町=は「2度延期され、このまま中止かもしれないと思っていた成人式に出席できてうれしい」と感慨深げに語った。松本短期大学看護学科3年・池上遼さん(21)=広丘原新田=は「昔の仲間に久しぶりに会えて良い機会だった」と喜び「看護師として自立した生活を送れるようになりたい」と決意を新たにしていた。