地域の話題

アベの喫茶メニュー カプセルトイに 来月全国で発売

フィギュア化されるモーニングセットと店主の安部さん

 松本駅近くにある喫茶店・珈琲美学アベ(松本市深志1)の40年来のモーニングセットが12月、カプセルトイになって全国で発売される。実在する純喫茶の名物メニューをミニチュア化する「純喫茶ミニチュアコレクション」での登場で、本物そっくりのホットコーヒーとミルクピッチャー、バタートーストの3点セットになっている。

 カップは高さ約2・5センチと小さいながら、昭和32(1957)年にアベを創業した初代店主の安部茂樹さん考案のロゴが印刷されている。トーストは焼き目やバターが溶けていく様子まで再現しており、よだれが出そうな出来栄えだ。
 フィギュアメーカーのケンエレファント(東京都)が手掛け、純喫茶にまつわる書籍を多数執筆している難波里奈さんが監修した。これまで東京や関西の名店の看板メニューをフィギュア化しており、2代目店主の芳樹さん(65)は「話をいただいてうれしかった。松本を代表する純喫茶の一つという自負を持って、これからも頑張りたい」とほほ笑む。
 アベのモーニングのほか、純喫茶ならではのレトロな看板やテーブル、椅子などもフィギュア化され、並べると純喫茶にいるかのような風景を再現できる。価格は税込み500円で、アベでも取り扱う。