地域の話題

光に染まる城下町 松本城で初のレーザーマッピング 先行公開

光の演出で彩られる松本城の天守

 12月に開幕し、松本城や松本中心街を彩る「松本市イルミネーション2021―2022」(さわやか信州まつもとフェスティバル組織委員会主催)が23日、報道機関に先行公開された。冬の観光の魅力を高めようと企画された催しで、さまざまな光の演出が城下町を鮮やかに染めた。

 松本城を照らす「レーザーマッピング」が新たに行われ、天守を「現在、過去、未来」の三つの基軸で彩った。泡がはじけて降りそそいだり、疾走感を表したりする演出を披露した。天守の石垣や堀の水面、植栽も色付いた。大名町通りや千歳橋には、温かなイルミネーションがともった。
 松本商店街連盟による連携企画の一環で、松本パルコのツリーの点灯も始まった。伊勢町通りに面し、高さ6メートルある。点灯は来年2月まで。
 市観光プロモーション課は「新型コロナウイルス感染症の拡大も落ち着いており、松本の冬を盛り上げていきたい」としている。