地域の話題

松本のホットプラザ浅間でリンゴ風呂 23日まで

リンゴ風呂を楽しむ入浴客

 松本市浅間温泉3の日帰り温泉入浴施設・ホットプラザ浅間で21日、リンゴ風呂が始まった。初日も男女の各浴槽で計100個のリンゴが浮かべられ、入浴客は初冬の風物詩を楽しんでいる。23日まで。

 市内産の旬の「サンふじ」と「シナノゴールド」を合わせて400個を用意した。入浴客は湯船に浮かんだ新鮮なリンゴを手に取り、爽やかな香りを楽んでいた。同市寿豊丘の会社員・我妻昌幸さん(37)は家族4人で訪れ「気持ちよく入浴できた」と笑顔を見せた。
 リンゴ風呂は季節感を楽しんでもらおうと3年目となる。昨年より1日長い3日間行い、運営する浅間温泉旅館協同組合の木下豊専務理事は「利用客からの評判は良い。信州らしさを感じてもらえれば」と話していた。
 利用時間は午前10時~午後12時(最終入館11時)。