地域の話題

負傷したタカを豊科で保護 保健福祉事務所が飼い主探す

安曇野市豊科で保護されたタカ(県松本保健福祉事務所提供)

 安曇野市豊科で11日朝、負傷したタカが保護された。両足に革のベルトが付いていることから飼育されているタカとみられ、県松本保健福祉事務所が飼い主を探している。
 タカは頭から尾の先までが目測で約40㌢。安曇野赤十字病院(安曇野市豊科)の窓にぶつかって墜落したところを保護された。目立った外傷はなく、子猫用のケージでおとなしく飼い主を待っている。
 同事務所食品・生活衛生課は「お心当たりのある方は連絡を」と呼び掛ける。問い合わせは同課(電話0263・40・1943)へ。