地域の話題

松本市が冬割キャンペーン 宿泊など5000円お得

「まつもと冬割キャンペーン」の専用サイト

 客足が落ち込みがちな冬季に集中的に観光振興を図る「まつもと冬割キャンペーン」が今冬、松本市で実施される。新型コロナウイルス禍のあおりを受ける観光産業の早期回復も視野に、市が初めて企画した。市内宿泊施設や旅行商品の利用代金を3000円割引くほか、「まつもとコイン」名付けたデジタルクーポンを進呈する内容で、19日までキャンペーンの参加希望事業者を募集している。

 キャンペーンは来月から来年3月まで。市内で1泊1人当たり6000円以上の宿泊をした人に対して代金を3000円割引き、市内飲食店などで使える2000円分のまつもとコインを進呈する。利用対象は県内在住者と県営松本空港に就航するフジドリームエアラインズ(FDA)の利用者で、計2万人の利用を見込むという。
 市は事業費1億2881万円を9月補正予算に計上した。事業者に対する割引金額の補填や、事務局を委託する日本旅行松本支店への運営費、まつもとコインのシステム開発などに充てる。
 キャンペーンには宿泊、飲食各事業者や旅行会社、観光施設など数百軒規模の登録を想定しており、観光プロモーション課は「感染の落ち着きも追い風に地域全体の活性化を目指したい」としている。
 参加希望事業者はキャンペーン専用サイトへ。月内には事前説明会のウェブ開催も予定している。