地域の話題

FDA搭乗率 68.1%と復調 10月の松本空港発着 

 県営松本空港で定期便を運航するフジドリームエアラインズ(FDA)は1日、10月の利用実績をまとめた。松本空港発着3路線の搭乗率(提供座席数に占める搭乗者数)は68・1%で搭乗者数は1万5688人。新型コロナウイルス感染拡大の緊急事態宣言解除に伴い人の流れが活発化し、昨年同月(4路線)の58・8%・1万1734人より大きく改善した。

 路線別の搭乗率は札幌線・新千歳が61・3%(搭乗者数3192人)、神戸線が69・6%(同7209人)、福岡線が70・8%(同5287人)だった。
 8月下旬に複便化した神戸線は、神戸から上高地や松本城への日帰りツアーが好調で、搭乗率が往路・復路共に85%前後となった。FDA広報は「松本入りする観光客が増えている。11月以降は松本からの団体客の増加にも期待したい」とした。