地域の話題

霧と霜 今季一番の冷え込み 松本1.5度 開田は氷点下4.4度

冷え込みで朝霧に包まれた松本市島内の農地(24日午前7時ころ)

 中信地方は24日、高気圧に覆われてよく晴れ、地表の熱が奪われる放射冷却が効き、今秋一番の冷え込みとなった。朝方の最低気温は松本市沢村が1・5度、安曇野市穂高が0・1度で、木曽町開田高原は全国の気象庁観測地点で3番目の寒さとなる氷点下4・4度だった。
 松本市島内では午前7時ころ、朝霧が立ちこめ、あぜ草には霜が降りていた。日中は秋晴れとなり、松本市沢村の最高気温は16・8度だった。
 長野地方気象台によると、25日の県中部は曇りで、夜には雨が降る見込みだ。松本の朝の最低気温は3度、日中の最高気温は14度と予想している。