スポーツ

都市大塩尻と松本国際4強 高校サッカー県大会

【上田西―松本国際】前半38分、チーム2点目を決める松本国際の四方(手前右)

 第100回全国高校サッカー選手権大会県大会は23日、長野Uスタジアム(長野市)、松本平広域公園球技場(松本市)の両会場で準々決勝4試合を行った。4強が決まり、中信勢は東京都市大学塩尻と松本国際が勝ち上がった。松本第一は敗退した。

 都市大塩尻は東海大学付属諏訪を零封。前半に2ゴールを奪い、危なげなく勝利した。注目カードとなった松本国際と上田西の一戦は、松本国際に軍配が上がった。前後半に各2点を挙げ、4―2で押し切った。松本第一はスコアレスで突入した延長戦で3失点を喫し、長野市立長野に及ばなかった。
 この先の試合はサンプロアルウィン(同)が会場となる。準決勝は30日で、組み合わせは都市大塩尻―長野日本大学、市立長野―松本国際となっている。有観客で開催する。