地域の話題

穂高のアミーにツルヤ進出 安曇野市内初 来夏オープン

来年大きく生まれ変わる穂高ショッピングセンター・アミー

 安曇野市穂高の国道147号沿いにある穂高ショッピングセンター・アミーが来年、大きく生まれ変わる。敷地を東側に大きく広げ、造成後に建設する新棟には、市内第1号店となるスーパーマーケットのツルヤ(小諸市)が出店する予定だ。現店舗は建て替え、テナントも一新する。

 穂高ショッピングセンターによると、現建物の東側にツルヤが入る棟、北側の駐車場にドラッグストアのマツモトキヨシ(マツモトキヨシ甲信越販売、長野市)と100円ショップのセリア(岐阜県大垣市)の2店舗が入る棟を新設する。建物は平屋で、床面積はツルヤが4382平方メートル、マツモトキヨシは818平方メートル、セリアは727平方メートルとなる。現在は拡張工事が進められている。
 ユーパレットなどが入る現店舗は2766平方メートルの棟に建て替え、生活雑貨店が入るとみられる。駐車台数は446台から490台に増やし、店舗の前に駐車スペースを集めるなど、より使いやすい駐車場となるように区画整備する。隣接するケーヨーデイツーは営業を続ける。
 アミーは平成元(1989)年にオープンし、現店舗の老朽化が進んでいた。穂高ショッピングセンターの草場勇二代表取締役は「地域密着のショッピングセンターとして33年間営業してきた。さらに20年後を見据え、地域の皆さんに支持される施設として、にぎわいを創出していきたい」と話している。
 新棟に入る店舗は来年初夏のオープンを予定する。現店舗はテナントの立ち退き後に建て替え工事を行い、店舗のオープンは来秋ころになる見通し。