地域の話題

山辺の金井さん兄弟がUターン ブドウ園を継ぎ奮闘中

山辺に帰郷して「瓦屋グレープス」を立ち上げた金井亮さん(左)、俊さん兄弟

 大都市圏から松本市里山辺に今年帰郷した、空間デザイナーの金井亮さん(38)と元大手旅行会社勤務の俊さん(35)兄弟が実家のブドウ園を引き継ぎ、信州の魅力を発信しようと奮闘している。県内のブドウ栽培発祥地とされる山辺地域は、西に市街地や北アルプスを見渡す景観も自慢だ。兄弟それぞれの得意分野を生かし、ブドウ園を切り口に山辺を信州の新たなブランドに育てようとしている。

 7月下旬に実家の屋号「瓦屋」にちなんだ「瓦屋GRAPES(グレープス)」を設立した。収穫したブドウを独自デザインのパッケージで直販したほか、県内外の洋菓子店やレストラン、旅館と連携し、フルーツ菓子などの商品開発にも挑戦した。各店舗との交渉は、2年前に名古屋市内へ転勤するまで松本支店に10年間勤めていた俊さんが担った。
 今春に松本で独立するまで東京都内の建築会社に勤務し、テレビCMの内装設定などの仕事も手掛けた亮さんは、枝葉が日差しを適度に和らげるブドウ園独特の空間の可能性に注目する。働きながら休暇を取るワーケーションや、眼下の景色を眺めつつ飲食や音楽を楽しむといった、多目的の活用や他業種連携も模索する。「農業を創造的に捉え、山辺のブドウ園に流れる"時間の価値"を大都市圏へ提供したい」と意気込む。
 俊さんは「将来的に地域のみんなと手を取り合って山辺の価値や魅力を発信したい。そのためにまずは兄弟でやってみようと思う」と話している。