政治・経済

山形・朝日 ワクチン接種3回目準備

 山形村と朝日村は13日、それぞれの役場で開かれた各村議会全員協議会で、新型コロナウイルスワクチンの、3回目の接種の準備に入る方針を説明した。国の方針が示されたためで、2回目の接種からおおむね8カ月以上経過した人が対象になる。両村とも来年2月に対象者が生じ始めるため、環境が整えば接種できるよう準備を進める。

 朝日村は、予定通り23日に希望する村民の2回目の接種が終了する見通しであることを説明した。村住民福祉課によると、12歳以上の対象者の2回目接種率は10日現在で84・3%となっている。
 山形村も、予定通り11月7日に2回目の接種が終了する見通しだという。村保健福祉課によると、2回目接種率は10日現在で72・9%となっている。