地域の話題

夜間の侵入盗が塩尻市内で相次ぐ 県議の妻殺人事件との関連を捜査

 塩尻市塩尻町の県議会議員・丸山大輔さん(47)の自宅で、妻の会社役員・希美さん(47)が死亡しているのが見つかった殺人事件で、塩尻署の捜査本部は1日、現場検証や周囲の聞き込みを継続した。市内ではここ2、3カ月、夜間の住宅や会社、店舗への侵入窃盗事件が数件発生していたといい、今回の事件との関連も調べている。

 希美さんは9月29日午前6時45分ころ、丸山さんが社長を務める「笑亀酒造」の店舗併用住宅の一室で倒れているのを家族が見つけた。死因は首を絞められたことによる窒息死で、死亡推定時刻は同日未明とみられる。捜査関係者らによると近くには金庫があった。
 捜査本部は1日、捜査員を当初の約130人態勢から140人に増やし、現場周辺の国道153号や住宅街の道路で遺留品がないかなどを調べた。捜査本部が設置した専用フリーダイヤルには情報が寄せられているものの、有力な手掛かりは得られていない。
 市内で発生していた侵入窃盗について、捜査本部は詳細を明らかにしていないが、物や現金が盗まれているものの、人的被害はなかったという。窃盗事件を担当する県警捜査3課が捜査本部に加わっている。