地域の話題

雨の秋祭り 平穏無事祈る 安曇野の穂高神社境内には家族連れ

境内に屋台が軒を連ねる穂高神社の御船祭

 松本地域の各地で26日、秋祭りが営まれた。午前中を中心に雨模様となり、新型コロナウイルスの影響で規模が縮小される祭りもあったが、屋台を楽しむ子供たちの姿が見られた。

 安曇野市の穂高神社では、例祭「御船祭」の宵祭りが執り行われた。2年連続でお船のえい行は中止となったものの、境内には中信街商組合に加入するくじ引きや射的、クレープ、たこ焼きなどの屋台28店が軒を連ねた。御船祭が営まれる2日間限定で頒布される御朱印を求める人の姿も多く見られた。
 家族3人で訪れた近くの山越佐映さん(10)=穂高南小学校4年=は「思った以上に屋台が出ていて良かった。お船のえい行や浦安の舞の奉納がないのは残念」と話していた。
 27日は本祭りで、午後3時から神事がある。屋台は10店ほどが午前9時ころから午後3時ころまで出店予定だ。御朱印の頒布は午後5時まで行われる。

連載・特集

もっと見る