地域の話題

池田八幡神社例大祭の熱気を写真で

 池田町交流センターかえでで、池田八幡神社の例大祭の写真展が開かれている。新型コロナウイルスの影響で奉納行事が2年連続で中止となる中、少しでも祭りの雰囲気を楽しんでほしいと企画し、23日からは過去の祭りの様子を撮影したDVDの上映も行われる。

 町図書館の企画で、センターの通路の壁や図書館内に、各町会の舞台の写真や、明治期から昭和30年代までの古い写真などが展示されている。2丁目の小林三郎さんが提供した写真が主で、通路の壁面には1~5丁目、東町、吾妻町、豊町の舞台と、舞台に載っている神武天皇などの像が撮影されており、詳細な紹介文もあり、来館者が足を止めている。
 図書館内には古い白黒写真のほか、下條浩久館長が撮影した2丁目の舞台の写真も展示している。
 DVDの上映は23日から30日までで、あづみ野テレビが収録した令和元年の例大祭の様子などを流す。
 池田八幡神社の例大祭では、9月23日に日中から夜まで舞台のひき回し、24日はお舟のひき回しや奉納相撲などが行われるのが伝統となっている。新型コロナウイルス禍で昨年に続き、今年も新生児の健勝祈願を除いて奉納行事が中止となっており、下條館長は「2年もやらないと忘れられてしまうと感じて企画した。祭りを誇りに感じてもらいたい」と話している。