スポーツ

ウェルネス、都市大、松商、深志が8強 秋の高校野球県大会

【飯山―松商】松商初回2死3塁から石田が本塁打を放つ

 第145回秋季北信越地区高校野球県大会は19日、長野五輪スタジアム(長野市)など3球場で2回戦8試合を行った。中信勢は日本ウェルネス長野、東京都市大塩尻、松商学園、松本深志の4校が勝ち、8強入りを決めた。シードの松本国際は岩村田に逆転で敗れた。代表決定戦となる準々決勝は22日に行う。当初は有観客試合を予定していたが、新型コロナウイルスの感染状況により、入場できるのは学校関係者(保護者含む)だけとなる。