地域の話題

松本パルコ改装 新規に4店 事務や靴店 多様な客層に対応

2階に新たにオープンした個人型トレーニングジム

 松本市中央1の松本パルコは今月、1~3階を改装して4店をオープンさせる。6階で開催中の「パルコde美術館」の効果で客層が従来よりも多様になっており、初めて個人型トレーニングジムを誘致するなど、ファッションの分野以外にも店舗のバラエティーを拡充させる。

 3階にはすでにK―POP雑貨店が2階から移転オープンし、若年層の来店が多くなっている。2階には9日、中信地区に3店を構える個人型ジム「ボアソルチ」が営業を開始し、15日には履き心地に優れたコンフォートシューズのブランド「フィットフィット」が開店する。「パルコde美術館」の効果で30~40代女性の来店が増えており、2階はその世代を主なターゲットにした場所に位置づけていく。1階には11日に長野市のファッションセレクトショップが出店する。
 松本パルコ広報の関根稜さんは「シルバーウイークも控えている。近場での買い物、さまざまな体験を楽しんでもらえたら」と話している。