連載・特集

2021.9.23みすず野

 シルバーウイーク。春のゴールデンウイークに対し、秋の書き入れ時の措置として設けられた。祝日を従来の固定日から月曜日に移すことで土・日曜と合わせて3連休にしようという「ハッピーマンデー制度」に基づく。長い間15日だった「敬老の日」が、今年は20日だった。松本地方にも観光客が訪れたけれど、人出は例年のようなわけにいかなかったようだ◆ふらっと入ったなじみの飲食店。あいさつ代わりに「どうですか」と言うか言わないかのうちに、経営者の60代の男性は「おれに聞く?」と冗談めかした後、「常連客に支えられているよ」と話してくれた◆きょう「秋分の日」。祖先を敬い亡くなった人々をしのぶ日だ。秋彼岸の中日でもある。筆者も親、兄弟を亡くすごとに、その意味を深く考えるようになった。一方的だが話したいこともある。墓参りに出かけるか◆連休がきょうまでの人、きょうからの人もいる。店先には新鮮な果物が豊富に並んでいる。仏前への供え物や花を買って、少しでも生産者を支援したいと思う。帰りに家族で食事をするのもいいだろう。懸命にコロナ禍を生きる人たちにも手を合わせたい。