地域の話題

涼呼ぶ扇子ずらり 安曇野市の豊科近代美術館、法蔵寺で扇子展

個性豊かな扇子が並ぶ会場

 扇子に仕立てた絵や書の出来栄えを競う第3回安曇野涼風扇子展(実行委員会主催)が27日、安曇野市豊科の豊科近代美術館と法蔵寺で始まった。個性豊かな扇子約800点が並び、訪れた人たちの目を楽しませている。8月8日まで。

 3分の2ほどが絵の作品で、金魚やスイカ、浜辺の風景などを描いた涼しげな作品が目立つ。金箔を使ったきらびやかな作品や、墨だけで描いたとみられる作品もある。
 入場無料で、開催時間は午前9時~午後5時(最終日は4時)。法蔵寺での展示は8月1日までで、3日からは豊科近代美術館に全作品を並べる(2日は休館)。問い合わせは実行委事務局(電話0263・31・6417)へ。審査で大賞と準大賞に選ばれたのは次の皆さん。
 ▽大賞=戸田淳也(京都府)▽準大賞=武田修二郎(滋賀県)石飛篝(京都府)