地域の話題

朝のラジオ体操 夏休みの小学生が元気に

早朝から元気いっぱいに体を動かす子供たち(22日午前6時35分ころ、松本市の城北地区防災緑地)

 中信地方の多くの小学校が夏休みに入り、各地で恒例の朝のラジオ体操が22日に始まった。スタンプカードを持参した子供たちが眠い目をこすりながら公園や広場に集い、早朝の爽やかな空気を感じながら元気に体を動かしている。

 松本市沢村1の城北地区防災緑地には、地元・沢村町会の小学生約70人が集まり、6年生をお手本に、十分に距離を広げてラジオ体操に取り組んだ。開智小6年の佐賀里妃奈さん(11)は「朝はちょっと眠いけれどみんなで集まって体操していると、ダンスをしているみたいで楽しい」と笑顔で話していた。
 緑地では日頃から住民がラジオ体操に取り組んでおり、近くの丸山祐司さん(74)は「いつもよりにぎやかでいいね」と目を細めていた。