地域の話題

サッカーって楽しい!塩尻の綿半でフォルスピ杯大会

ミニゲームを通じてサッカーに親しむ子供たち

 塩尻市を拠点にしたスポーツの任意団体・フォルスピスポーツクラブは22日、広丘堅石の綿半フットボールパーク塩尻で第1回フォルスピカップサッカー大会を開いた。サッカーに親しむ催しで、子供から大人まで約40人が気軽に集い、当日集まった人同士でミニゲームを楽しんだ。

 サッカー未経験者も含め誰でも参加可能とした。開始時間に集まった子供約20人を4チームに分けて10分程度のミニゲームを実施したほか、保護者を含む大人も別に即席のチームを組んで思いきり体を動かした。ルールが分からない人は同じチームの仲間に教わってプレーした。
 同クラブは放課後クラブ事業として平成30(2018)年4月に発足、中央スポーツ公園や広丘体育館で週3日程度活動している。今回の催しは、新型コロナウイルス禍で、夏休みもプール開放がない子供たちに運動機会を提供する場として企画した。クラブ代表の手塚民幸さん(35)は「楽しく運動してもらえたら」と話している。
 本年度の市まちづくりチャレンジ事業の補助対象にもなっている。