地域の話題

信州黄金シャモの贈り物 本郷鶏肉が生産者と連携し詰め合わせ企画

商品の盛り付け例を並べ、信州黄金シャモをPRする開発メンバー

 業務用総菜製造卸の本郷鶏肉(松本市市場)は、県産の高級地鶏「信州黄金シャモ」を使った夏向けギフト「鶏肉屋の信州だんらんセット」を企画した。8月6日まで注文を受け付けている。

 信州黄金シャモは父鶏にシャモ、母鶏に名古屋種といずれも在来種の地鶏を掛け合わせた県の開発品種。特長とするうまみと歯応えを生かした「鶏飯セット」「むね山賊焼」「鶏ももチャーシュー」の3品3~4人前を詰め合わせた。鶏飯は、鹿児島県奄美大島の郷土料理に着想。白飯に盛り付けたり掛けたりして食べるそぼろや、がらスープをセットにした。
 新型コロナウイルス禍の需要と知名度の低迷にあえぐ県内生産者と連携した商品企画の第2弾になる。開発チームの滝沢素江さん(28)は「鶏肉屋ならではの提案で、食材の価値を高めたい」と話す。
 冷凍で全国発送する。税込み4320円(一部地域を除き送料込み)。問い合わせは本郷鶏肉(電話0120・32・4085)へ。