スポーツ

都市大塩尻4強逃す 夏の高校野球準々決勝

 第103回全国高校野球選手権長野大会は18日、松本市野球場で準々決勝の残り2試合を行い、中信勢は東京都市大学塩尻が長野日本大学に0-3で敗れた。両主戦が投げ合う投手戦となったが、都市大塩尻は8回に守備の乱れから失点して競り負けた。これで4強が出そろい、22日の準決勝の対戦カードは松商学園-高遠、長野日大-岡谷南となる。