地域の話題

和傘の花 天井に咲く 翔峰 梅雨でも気持ち晴れやか 

ロビーの天井に飾られた約50本の和傘

 松本市里山辺の美ケ原温泉翔峰が、フロント前ロビーの天井一面を約50本の和傘で飾っている。天候が優れず自慢の眺望を楽しめない日が続いている中、青色や赤色など鮮やかな傘が宿泊客の目を喜ばせている。

 柄の部分を上にして、天井に線を貼って規則正しく並べている。28本を組み合わせた、高さ3メートルほどの「和傘タワー」もある。チェックインやアウトの際に記念写真を撮る宿泊客も多いという。
 新型コロナウイルス感染拡大を受けて、平日を中心に休業日を設ける状態が続いていた。今月から通常営業に戻ったのに合わせて企画した。梅雨明けまで続ける。翔峰の小林聖人経営企画課長は「なかなか明るい話題がない中なので、晴れやかな気持ちで滞在していただけるように、これからも季節感を大切にした企画を考えていきたい」と話している。