政治・経済

国宝5城を世界遺産に 3市長が文科副大臣と懇談

 国宝5城(松本、犬山、松江、姫路、彦根)での世界遺産登録に向け、松本市の臥雲義尚市長と愛知県犬山市の山田拓郎市長、松江市の上定昭仁市長が9日、文部科学省の丹羽秀樹副大臣をオンラインで表敬した。文科省の外局の文化庁が3月に発表した国内候補のリスト(暫定一覧表)見直しを登録に向けた好機、正念場と捉えて活動することを確認した。

 3市は「近世城郭群世界遺産登録推進会議準備会」を平成28(2016)年度に組織し活動しているが、市長交代もあり3人が顔を合わせるのは初めて。臥雲市長は「千載一遇のチャンスだ。何年もかけて積み重ねてきたものをこの1年間に全てぶつけるつもりで取り組みたい」、山田市長は「非常に重要な局面。しっかりとお城の価値を発信して理解を深めたい」、上定市長は「3市が一体となって登録に向けて力を合わせたい」と気持ちを一つにした。
 丹羽副大臣からは「学術調査に力を入れて組み立ててほしい」との助言があったという。兵庫県姫路市と滋賀県彦根市に対しても必要な働きかけをしていく方針だ。