地域の話題

車いすの子供が着やすい着物考案 松本の青木孝恵さん

着物の寄付を呼び掛ける青木さん(左上)と医ケア児の母親たち

 車いすやバギーで生活する子供たちにも、着物姿で祝い事や記念撮影を楽しんでほしい―。着付師の資格を持つ青木孝恵さん(55)=松本市筑摩2=が、座ったり横になったりした状態でも簡単に着せられる着物を考案した。たんの吸引や人工呼吸器など日常的に医療的なケアが必要な子供(医ケア児)の保護者の意見を取り入れながら改良を進めていて、素材となる浴衣や着物を募っている。

 青木さんが考えた着物は、襟の部分を縫い合わせて背中の中央を一直線に切った着物で、着付ける際に相手を必要以上に動かさず、正面からくるむようにして着せることができる。帯は腹部を圧迫しないよう軽い布で作り、着物に面ファスナーで着ける形に仕立てた。
 1日に医ケア児の母親3人に着物をお披露目した。先天性心疾患の長女の医ケア経験がある茅房栄美さん(44)=安曇野市豊科=は「障害や病気に関わらず着物でお祝いできるのは家族にとっても幸せ」と喜んだ。青木さんは今後ボランティアで、家族で着付けや記念撮影を楽しむイベントを開く準備を進めており「卒業式や成人式にも着られる着物も作りたい」と意欲を見せていた。
 しみや汚れのないポリエステル製の浴衣や着物を募っている。サイズは問わない。帯締めや帯揚げ、髪飾りといった小物も歓迎している。問い合わせは青木さん(電話090・5534・2956、メール=aoki4455@i.softbank.jp)へ。