地域の話題

豊かな自然とお茶で一服 朝日の和合庵で野点茶会

豊かな緑に囲まれた庭園で催された野点茶会

 朝日村観光協会は29日、西洗馬の武居城公園にある茶室「和合庵」の庭園で、春の野点茶会を催した。公園の豊かな自然と閑静な茶室をPRしようと「服装自由、初心者大歓迎」の茶会を企画し、村内外から24人が参加した。朝方に降った雨もやみ、青空の下で小鳥のさえずりを聞きながらお茶を楽しんだ。

 密を避けるため6人ずつ4回に分けて茶席を設けた。松本市の裏千家・新村宗佳会のメンバーがお茶を点てた。参加者はまず、公園に咲く季節ごとの花や、鳥、昆虫などの豊かな自然についての説明を聞いた後、お茶をいただいた。
 観光協会は昨年度、和合庵を有効活用しようと4回の体験茶会を開いたところ、好評だった。本年度は夏や秋にも茶会を予定しており、季節ごとに違った顔を見せる公園の自然を楽しみながら、村の観光を満喫してもらう。
 山形村から知人と4人で参加した平出希恵子さん(62)は「天気がよくて風が気持ちいい。季節ごとに楽しめる公園なのでまた来たい」と話した。塩尻市から訪れた大川恒子さん(74)は「鳥のさえずりが聞こえるお庭で、いい時間をいただいた」と喜んでいた。